2019年12月10日

12月と雪

「フランドルの四季暦」(マリ・ゲヴェルス著)より。

フランドルの冬はかなり暖かいらしく、「12月と雪」という章で書かれている雪の様子は、今にも溶けて水になってしまいそうだ。

-------------------------

「12月に、雪をめぐって地表と、雲と風が一致協力するのは稀なことだと言わなければなりません。
強くて暖かいメキシコ湾流が、遠く西のほうにどっしりと構え、雪の邪魔をするからです。」

-------------------------

このような描写が他人事ではない今年の12月。
道路の雪はとけてしまい、明日からも最高気温がプラスの日がしばらく続くらしい。
凛々と凍てつく真冬日はどこへ行った?

この時期の暖かさは、何度も不自然に眠りを中断されるような気分になる。こんな生ぬるい冬はいやだ。身体がNOooo!!と言っている。

かつてはいったん根雪になると、春に最初の雨が降るまでは、冬のさなかに雨が降るなどということは考えられなかったのだ。今年はまだ根雪にさえならない。

-------------------------

「最初に舞う雪のひとひらを捕まえるのは、池の水面が氷に覆われるのに立ち会うのと同じくらい難しいらしく....つい先ほどまであたり一面に雪の匂いが満ちていたのに、雪は降りませんでしたし、皓々と照る月が雪雲をかきまぜていたのに、それでも雪は降りませんでした。
顔を仰向けて寒さのゆるんだ空に問いかけても、優しく触れてくる綿毛のひとひらもなかったのです。」

-------------------------

雪の匂いというものは確かにある。雪のひとひらを捕まえるのは、子どもの頃の遊びだった。
毛糸の手袋の上で、雪の結晶がはっきりと見える。

しばらく前に買って積んであったこの本は、私には言葉がすこし装飾過多に見えて、なかなか読み進められないでいた。

帯には、豪奢に織りなされたフランドルの四季、とある。
確かに、雪ひとつにしても、たくさんの色糸を使った織物のような印象だ。

多彩な織物にはその美しさがあり、「あ、雪だ...」というひとことが語る景色もあるだろう。
あとは好みの問題だろうが、それよりも、アドベントだというのにこの暖かさ。

12月らしく、冴えた寒気が頬を刺すのを感じながら、靴の下でキュッと雪がきしむ音を聴きたいと思う。

flandre.jpg
  
posted by Sachiko at 22:19 | Comment(0) | 季節・行事
2019年12月08日

「ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ」

「ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ」(アストリッド・リンドグレーン作 イロン・ヴィークランド絵)

kaisa.jpg

-------------------------

小さいカイサは、トムテが暮らしていそうな可愛い家におばあさんと二人で住んでいます。
カイサは赤ちゃんのとき、かごに入っておばあさんの家に置かれていたのです。

おばあさんは、赤と白の縞もようのキャンディを作って市場で売ります。
でもある年のクリスマスの前に、おばあさんがころんでケガをしてしまいました。
市場でキャンディを売ったり、クリスマスのしたくは誰がするのでしょう。

「あたしが、やるわ」とカイサが言いました。
キャンディも、カイサが売ります。暗い朝、カイサはしっかり身支度をして市場へ出かけました。
みんながこの小さな売り子のいる店で買いたがり、キャンディは全部売れたのです。

カイサはおばあさんがないしょでお店に頼んでおいたプレゼントの箱を受けとり、おばあさんへのプレゼントも買いました。

こうしてカイサとおばあさんは、すばらしいクリスマスを祝いました。
外は雪、庭には天使がいっぱいです....

-------------------------

アストリッド・リンドグレーンとイロン・ヴィークランドのおなじみのコンビによるクリスマスの絵本で、リンドグレーンらしい、暖かで可愛らしいお話。

おばあさんが作っていたのはこんなキャンディで、これよりもっと大きいものだと思う。(これはミニサイズ)
こちらのクリスマス市場でも売っていた。

candycane.jpg

部屋がひとつと台所がひとつ、それに小さな裏庭(桜の木が一本とグスベリのしげみ)があるだけの小さな家だけれど、しあわせなカイサはすばらしい家だと思っている。
カイサは毎晩寝る前にお祈りをとなえていた。

 うちの まわりを てんしが あるく
 二本の きんの ろうそくと
 本を 一さつ 手に もって
 イエスさまの みなの もとに
 おやすみなさい

今日から第二アドベント、雪が降る真冬日だった。
アドベントの期間は、家の周りを見回る天使の気配を静かに感じてみたいと思うけれど....
  
posted by Sachiko at 22:35 | Comment(0) | 絵本
2019年12月06日

自然霊と友だちになるために・4

「NATURE BEINGS」(Margot Ruis著)から。

---------------------------

水の精に会いたいなら、まず彼らが住んでいるエレメントと波長を合わせるのがよいでしょう。水の音と調和した瞑想が役に立ちます。

私たちは水から多くを学ぶことができます。
小川や滝は、何ものにも執着しません。必要なときに必要なすべてが来ることを信頼しているのです。

水は、どこにいようと完全にそこに存在します。
滝の中にいるときには源泉のことを考えたりせず、川でどうなるかを思い煩うこともなく、ただ純粋に滝であり続けます。
知らない場所に流れ落ちるときも、ゆだねて信頼しきっています。

水はどんな形にも固着せず、どんな形にもなります。
水差しの中では水差しの形、グラスの中ではグラスの形、そして小川では地形が促すとおりに次々と形を変えながら流れます。

水は自由に形を変え、柔軟で、まさにそのために損傷を受けることがありません。水を打ち砕こうとしても意味がなく、水は打撃を回避して元に戻ります。

とても柔らかいけれど極めて強いエレメントであり、限りない忍耐力を持っているので常に勝利します。岩は抵抗することができず、しまいには砂になります。

あなたが水のように柔らかいときには、あなたの道にある石の硬さを感じないでしょう。あなたは水のように、いともたやすく自然にそれらの周りを流れてゆくのです。

もし今私たちが困難な状況にある場合、くり返し水に耳を傾けて水と共に流れてゆくなら、水から学ぶことがたくさんあります。

-------------------------

「水は方円の器に随う」
このことわざは世界共通なのだろうか。
ここまではまだ水の精たちは出てこないけれど、水という存在についてあらためて意識を向けると深いものがある。
まさに、人間は水に同調することで多くを学べる。

岩は一時的に強いかもしれないがやがて砕ける。水は傷つかない。なるほど....
水の在りようとそのイメージから、しだいに水の精たちが姿を現すのを待ってみよう。

水はいのちの源であり、地球は水の星だ。
柔らかで強い水の精たちが女性の姿をとることも頷ける。
  
posted by Sachiko at 22:26 | Comment(0) | 妖精
2019年12月04日

真冬日

今日は一日中氷点下、やっとこの季節らしい真冬日になった。

雪景色は、静寂が目に見える姿をとったもののように見える。
早朝の朝陽を浴びた雪はシャンパンゴールドに輝いて、表面の細かな粒子は虹色に煌めく。
陽が沈んだあとには、これ以上ないほど澄んだ青に染まる。

できれば街を離れて、木々と真っ白な雪原だけの景色を見ていたいと思うけれど、この時期では遭難するかもしれない。

ライラックの葉はほとんど落ちてしまったが、枯れ色の中に、まだ緑色を残している葉もある。
こういう色が美しい。葉っぱの緑は生命の色だ。
最後の残照が消えるように、緑が生命界に還っていく。

本来なら11月半ばには根雪になっていていいはずなのに、近年は根雪がだんだん遅くなっている。
こんなに冬が短くなると、十分に深い眠りを経ないまま目覚めてしまうような不全感が残る。

雪と氷点下が続き、空気がキーンと鋭く透き通る、そんな熟成した冬が必要だ。

---------------
静かなアドベント、今年のヘクセンハウスはチョコレートカラーで♪

hexen2.jpg
  
posted by Sachiko at 22:28 | Comment(2) | 季節・行事